木村政雄の私的ヒストリー

HISTORY

第話

 当時、私はまだ肩書こそ平社員のままでしたが、やすしさんの「駕籠かき事件」や「ボート免許不所持で逮捕」など、多少のアクシデントはあったものの、やす・きよさんの仕事は順調に増えて、いっぱしのマネージャー面をしていました。そんな最中に、事は起こりました。西川さんに、翌年1月からスタートするレギュラー番組への出演を拒否されたのです。いつも番組を決めるときは、先ずタレントさんに話をして、了解を取ってから進めるのですが、この時に限って、そのプロセスに抜かりがあり、日々顔を合わせながら、丁寧に確認をする作業を怠っていたのです。間の悪いことに、テレビ局のプロデューサーから先に、「新番組、よろしくお願いします!」と挨拶をされてしまいました。その場はあいまいな返事をしてやり過ごしたものの、爾後にいくら釈明をしても、結局、西川さんの翻意を促すことができず、事態は暗礁に乗り上げてしまいました。

 最後は、上司の取り成しもあって、この「象印ライバル対抗大合戦」の司会にはやす・きよさんが出演することになり、事なきを得たのですが、これをきっかけに、私は2人のマネージャーを外されるということになりました。会社側の判断としては、その膠着状態を見て「そろそろこの辺りが限界だ」という判断があったのでしょうが、生意気盛りの私には「結局、会社は社員よりもタレントの意思の方を選ぶんだ」としか受け止めることができませんでした。今思えば、会社の下した判断は至極当然のことなんですけどね。

 周りの見る目も変わりました。今まで局を訪ねると「木村ちゃん、お茶に行こう!」と誘ってくれた人からも、「ちょっと、打ち合わせがあって・・・」などと、避けられるようになったこともありました。つまるところ、今までの付き合いは私個人とではなく、背後にやす・きよさんという売れっ子タレントの存在があって、初めて成り立っていたんだということを思い知らされました。「やす・きよという存在がなくなった今、あなたと付き合っても何のメリットもないよ」ということなのでしょう。

 後任になった、10歳ほど上の先輩との引継ぎを終えた後は、確たるミッションもなく、時間もたっぷりとあったので、3つの劇場を回って、今までじっくりと見たことがなかった舞台を観たり、各種のイベントに顔を出したり、局では先輩たちがあまり行かないKTVやOBCへ日参をしていました。そんな中、作家・中田昌秀さんの勧めもあって、今まであまりお付き合いのなかったWヤングさんの20周年リサイタルに関わる事になり、2人とのお付き合いが深まるようになりました。

タクシー運転手さんは「駕籠かき」ではありません。

 

Wヤングさん

 

お誘いをいただいた中田昌秀さんの著書