木村政雄の私的ヒストリー

HISTORY

第話

 もう一つ、西川さんの良さが発揮されていると思ったのが集団コメディのKTV「爆笑寄席」でした。番組がスタートしてすぐに横山さんが出演不能になり、西川さんとコメディNo.1で回すようになっていたのですが、寄席とは名ばかり、「体力の限界に挑戦する」というキャッチ通りの超ナンセンスなコメディでした。特に西川さんと坂田さんが新喜劇時代からの親友ということもあって、チームワークの良さが番組に表れていたような気がします。一応ストーリーがあって進行するのですが、出演者のもっぱらの関心はエンディングの大乱闘で、どう振舞うかにあったように思います。ほとんどの場合、犠牲になるのは坂田さんだったのですが、稀に攻撃が他に向くこともありました。水を掛けたり、頭をたたいたり、エンディングが迫ってくると、皆が各々仕掛けの準備にかかるのが面白くて、舞台に見入っていた気がします。台本には「大乱闘のうちに終わる」としか書かれていないし、いつ誰と誰がターゲットを決めているのか分からないのですが、毎回一番盛り上がるのがこの場面なのです。たまには真剣に「今日はやり過ぎやろ!」などと怒ったりすることもあるのですが、ターゲットにされるということは「おいしい」ということでもあるので、それ以上関係が悪化するようなことはありませんでした。この番組が放送されるのが、日曜日の夕方とあって、裏には「笑点」という強力な老舗番組があったのですが、出演者・スタッフみなが「笑点、何するものぞ!!」という意気に燃えていましたね。おかげで視聴率では笑点をいつも上回っていた記憶があります。

 出演者のほとんどは吉本で占められていたのですが、松竹芸能からは若手漫才の奈和せつ子・フレッシュ花子さんと、当時まだアフロヘアーだった笑福亭鶴瓶さんが入っていました。大御所がたくさん揃っていて、楽屋の雰囲気もきちっとしている松竹の雰囲気と違って、主要メンバーが若くて伸び伸びしている吉本の雰囲気になじみ切れず、乱闘シーンにも加われず、どこか肩身が狭そうにしている彼らに「吉本においでよ!」と声をかけたこともありましたね。当時は、お互い芸人さんの引き抜きは自粛するという暗黙の「二社協定」なるものがあったらしいのですが、そんなことなど私が知る由もありませんでした。目下売れに売れている鶴瓶さんを見るたび、「あの時もっと熱心に誘っておけばよかったのかも」と思ったこともあるのですが、今となっては、それはそれでよかったような気もしています。

爆笑寄席200回記念で撮影した集合写真